老ものもらい管

高校三年浪人の年、私たちを教えるの歴史は1位の姓の管の先生で、彼はまた兼私たちの担任.彼は易中天に似て、笑うのようで、弁舌の才も、話すユーモアあふれる.

第一日の授業で、彼は黒板に書いた大きな管の字は、私は管、先生が私たちから“老管.へへへ、先祖の姓はいい、というのは私に来てあなた達の管.ご列席の名前「代のか?」学生は立ち上がって、彼は言う:“よし、あなたの班長で、私達の姓に繋がって管人という.私たちの共同の努力、クラスをチューブ.」

したばかりで、大学入試を経験して、みんなの気持ちが抑えて、前途はどこか、クラスの雰囲気が重苦しい.老管が心に明らかで、口では大雑把にやあ、何もないから、気にしない人は押し合いをしてまぁ橋.私はこれから縁起の姓を名乗り、保管君たち合格この座丸木橋.

高校三年の復習はとても大変で、毎晩12時になってやっと休み、“老管」も私たちは毎日12時まで.ある日突然夜来ませんデスクワーク、学友はすべてとても合点がいかないで、何かあったのかな.第二天歴史の授業のとき、クラスメートも発見老管が顔に血の跡道、教室の外の光が光っているのは、良い学友が笑った.老管を怒り出して何を笑って笑って!まだあなたのためにこれらの畜生め!その後、みんなが知っていて、老管が家の子供も高校三年を読んで、妻は子供をよそに毎日自宅怨み、泡を復習するクラス、2人はまず喧嘩で、その後、動手を携えて.

個別さんに思わず無味乾燥の復習、こっそり校外ビリヤードまで、老管が発見され、走りたい、老管が呼び止められた、彼は笑って言います:“やってみる、私たちの一局より、私は負けたあなたをいつでも;あなたたちに負けて、回教室までよく.」それはいくつかの学友のどのように大胆に打ちますか?老管が高く掲げられた玉突き棒の下に、ぱっと教室に走って戻って.

大学入試の前で、特に緊張して、みんな一生懸命復習各地の精華のアナログの答案用紙を整理し、老管一セットの問題は教室の上でポイント、みんな記.一度は、私の同じテーブルで、夜更かし疲れすぎて、覚えてしっかり覚え伏せて機の上で寝ていましたが、老管と呼んで押して彼は:どこへ?同じテーブルに頭を下げてメモ:長沙.乖乖!君はまだ長沙よ !私たちは大連ました.クラス全員がどっと笑う.

大学入試の前の晩は、老管が家からよく煮て卵に45匹ずつ、1人当たりに送ったというだけで、卵を食べて考える大零点、食べた“老管煮る卵、保管君たち全失せろ、転がって大学に行く.」あの1年の大学入試で、クラスの45人の学友、採用された30個、老管がうれしいやっと私に申し訳が顔のこの道小傷ました.これからあなた達が発達して、“老管と呼ばないで、先生が私“老管傷跡.」

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *