林のものもらい田中将大中を歩く

私はどうしてもわからない!どうしてこの老いさんは一面の無用の古い低木林そうですね?彼女に地元の新聞に手紙を書いたが、甚だしきに至っては全国的な新聞も手紙を書いたが、準は彼女たちの村に修建路の案に抗議する.しかし地図から見ると、この条この道は彼女は近くて、その辺もは美しい.これは私に戸惑い、まだ私の好奇心を巻き起こした.
もうすぐ新しい道を調べたの、私は知りたいのですが彼女の反対の理由.そこで私は小屋の扉をたたいてあるとマリー·スミスさんが私の受付、そして彼女が私を連れて行って森の中を歩いて.

“私はずっとこの場所を愛し、彼女は、ここ大切私や他の多くの人.私たちはこの地方にいた.人それを『愛人路.それは実際には何もない道へ何か重要なところが、それは私たちはここの原因.他人から離れて、ただ私たち.」彼女が追加.

その日林間本当に魅力的で、鳥の歌を歌っている、リスは木の枝の間を自在に活動は、明らかにここにない、彼らは少しもない.私は十分想像、小道修好後、自動車、静かなこの森はどんなにぎやかなので、きっとそれは彼女にとって何を意味する可能性があり.しかし私はコミュニティのが重は個人の意見ですので、私は何も言わない.村の現在の交通は、特に老人とでは、特に、だから私にとって彼らの安全はこの老年さんのおかしな考えを大切に.

この木を持って、彼女が止まった」とし、あなたにとってそれはただ1株の木と普通、ここに他の木の区別がつかない.彼女はそっと触るこの木の樹皮は見て、この枝の下、あなたは見ましたか?

人がいるようにナイフでここで時か.私は少しのを見てた.

のは、そんな!彼女はそっとはいくつかのアルファベットと1粒の心.

私は見て、今度見て真剣にいくつか.時のその心はまだそこに加えて、ぼんやりと見てた胸を刺し貫く矢.心の叫びながら字母されないことだが、一方、アルファベットRがはっきり見えて、後のIの文字.ロマンス?とたずねました.あなた、彼らは誰ですか?

うーん、私は知っていて.マリー·スミス、書くのは「RH愛MS.

私は意識してないかもしれ涉入深すぎる、本当に自分の身のオフィスでは、この場所から離れてとこの老年さん、手に持ってお茶が気持ちよく.

彼女は続けて話す……彼が持っているポケットを折り畳みナイフ、折り畳みナイフにはめ込まれて長い釘を使用することができ、その長い釘

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *