暗のものもらい林志穎黙示録

佚名ネットワーク

の書生が山を越えた時、遭遇した山匪つじ強盗を働く.書生はすぐに逃げて、しかし山匪追いつめて、途方にくれて書生に入った時、1つの洞穴の中で、山も追わ洞穴の中に匪.穴の奥、書生逃げなかった山匪のを追いかけ、暗の中を、彼は山の強盗捕まえたされ、1回のぼこぼこ、身のすべてのお金を含む、準備をを夜間照明用のたいまつ、山匪さらう、組み立てて山匪は命を狙われ.その後、二人はそれぞれ探して穴の輸出は、この洞窟の深い極黒、しかも穴穴があって、縦横に.

山匪賊を奪った松明を見極め、彼が足元の石、週囲の石壁を見ることができるので、彼はやってない石につまずいて、しかし、彼は歩いては歩き出せないこの洞、最終的には、彼は死んで力を尽くす.

書生た松明は、照明、彼は手さぐりで歩くのが非常に苦しくて、時々時々ぶつかっされ、石につまずいて、落ちたひどく殴られる、でも、だから彼はやみの中から、彼を敏感に入って透穴の微光彼に、この筋の微光手探りではっに洞窟.

心語:世間の大方のそうで、たくさん窮地の人、磕磕绊绊、最終的に向かった;他の人は目の前の光を失った進む方向.

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *