少なく塩多い運動内臓を強くする益のものもらい腎臓

下肢の水腫を足踝部が最も少ない.もしは寝る前に、手で押しすねが指の跡転落、第二天则消えた水腫、年取っ气虚だ.調理時注意内臓を強くする益の腎臓、たんぱく質の食べ物がたくさん食べて、例えば、牛乳、卵、大豆製品、ゴマ、赤身など,ものもらい、低蛋白血症予防を防ぎ、腰の酸っぱい、下痢など脾腎2虚現象の発生.

に別の1種のありふれた下肢の水腫は鬱血滯によって、表現を下肢の肌荒れ、人知れぬ苦痛、冷えなどの血気が通じない現象が深刻な者側に下肢静脈閉塞.しかし老年人にとって、下肢腫脹現象はまた腎臓、心、肝臓など主要な臓器の原因に注意して、直ちに肝臓、腎臓機能と尿が常規、他の病気の治療を遅らせないでください.

4つの注意

には4つの注意

生活をしてに

1.寝る時は下肢が適当につり上げて、シートが高すぎて、下肢の垂れ下がっの時間を減らして.は、腰と下肢の血液循環を保護することができません.

2.適当に活動し、血液循環を促進する.活動が多すぎるため、下肢疲労は浮腫を強めて、活動は血気が通じなくて、更に水腫になりやすいです,バイアグラ病院で!処方してもらう.

p3.塩を食べるのは多すぎます.塩辛い、肥甘厚の食べ物も消化に悪い.

p4.腎臓の保護に注意し、腎臓機能外,普通薬は使用しない、腎臓負担を減らす.たくさん食べて利尿作用がある食品を食べて、もし赤小豆、冬瓜,スイカ、ひょうたんなど、簡単に薬を使うな.

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *