大切ものもらいにする人材

泰山若木

p> <花値段で買った千裏の馬を引っ張って、早々にそれは耕地.畑地の過程の中で、主人公の発見この馬はBMW名ばかりの:それは邁の足どりはダフ屋の大、スピードも速いダフ屋のより、耕してまあ、もっとよりダフ屋の多い!

p>主人が千裏馬<の表現にとても不満で、更にそれを磨.誰知それを磨は更に失態だらけ:東ねじって西尻が傾いて、歩くようにおばあさんはどんな艱難……主人はこの马干て何もできない、非常に怒りを鞭を打ってから、その秀才話した親愛の主人、私は1匹の力のある馬、耕地よりダフ屋を磨よりロバが、載せて将兵ベンツ遥か戦場で敵を殺す、絶対それら速度より速いです!

主人が聞いた後にいい!あなたが載せて人を駆け回り乱ている、私はあなたもきっと多くのたきぎ背負うことができる、明日から、あなたについて山へ柴刈り工に乗せる柴行きましょう……

泰山若木、本名姫广信.かつて北京日報、北京晩報、新民晩報、童と紙;現代小説、小小説月刊、東京文学、故事王中王など複数の紙、雑誌に発表された作品:小説、童なら、故事、寓話などの文章余篇.本文は泰山の若木のオリジナル、例えばネット転載:《一品故事網」、経本人の同意が必要;!連絡:QQ

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *