公平な日差ものもらいし

のすべての人はすべてそんな日でしょう、前途は暗くて、意気消瀋し、毎日を、自分の閉鎖暗湿った隅の中で、しないに光が地方に任せて振り返って、1粒の心をすっかり苔むし.

私はその中の一つ.そんなある日、1つのスイカ摊前に親子の話を聞いて、心の上の苔からゆっくり剥離.

スイカを食べる娘が父に聞いてとても熟考に値する問題:“どうしてあるスイカは甘い、あるスイカは甘くないですか?」

あの父の回答:“甜スイカはされている日光の照らす長.」

畑のスイカはそれを受けて日光の照らすことがありますか?

ええ、日光は公平で、それに公平に照らされてあれらのスイカスイカ、しかしある熱に隠れて、自発的に影を受け入れないで、日光の照らすので、それらは甘くない.

私は父が感心して、子供は知らず知らずのうちに、そして彼の話は私が1種の感じ醍醐灌顶.

私は今この甘くないスイカの種、来年の種類には、それはまた甘いですか?娘が続いて聞く.

もちろん、神様が一粒種の機会はすべて平等のは、成熟したスイカは生瓜蛋子あなた次第で、明後日の頑張りました.父の答え.彼にしてみれば、スイカにも心がある、ある心は強くて、ある心は臆病な.

神様一粒の砂になって、人はそれをひと山の目やに、貝殻はそれをなる真珠.同じように、神はすべての人にトランプ、一部の人の手にしたいいカード、うぬぼれ、有頂天になる可能性は高いが不注意で負け局;ある人は悪いカードをもらって、真剣にして一枚のカードは、カードが勝つかも.

どんなときもある向上心!多くの時、あなたは暗い底をつけ、それはあなたを放棄して、なんで日光が非難したくない ?

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *