ヨガのものもらい練習前の飲食をどうするか

Pヨーガ練習者は練習する前に空腹でなければいけないが、空腹では飢え、空腹時人体血糖レベルが大幅に低下し、かえって練習にならない.事実上、3分で満腹状態で練習するのが適当だ.

P次は食べ物の消化時間を並べ、練習の時間によって食事の内容を柔軟に手配します.

果物:果物:P

さんじゅう分―いち時間、ウリの果物(例えばスイカ)が最も短く、バナナが一番長い.

野菜:野菜:P

45分―に時間、野菜と果物(例えば冬瓜)が最も短く,次は茄子の果実種類の野菜(例えばトマト、ナス、後には葉種類の野菜(ホウレンソウ、小白菜)やアブラナ科野菜類(例えばブロッコリー)、消化に時間が最も長いのは根莖種類の野菜(例えば紅薯、サトイモ).

穀類穀類:p穀物種類:

p> <いち時間さんじゅう分―さん時間,流動性や半流動の穀物の食品(例えば粥)消化時間が短く,ものもらい、発酵で無足を付ける油脂の食品(例えば饅頭、油脂のパン)も比較的に消化しやすい.

pタンパク質:

は1時間30分――4時間、牛乳、豆乳などの流動蛋白質は消化しやすい、牛肉、鶏肉などのたんぱく質の豊富な肉を完全消化すると4時間または長い時間が必要です.

p脂肪:<
;P>2―4時間、私たちは単独で脂肪を摂取することは少ない、通常は野菜や穀物と一緒に摂取することが少ない.脂肪と穀物や卵白の種類の食品を摂取すると共同の延長その消化の時間なので、類似ケーキこの多く含まれる油脂、タンパク質と炭水化物の食品は胃腸に負担が大きく、およそさん~よんしよ時間が完全に消化.

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *