ものもらいが発生した原因について

ものもらいは麦粒腫と霰粒腫の二つのタイプがあります。しかしそれぞれの発生した原因は違います。
麦粒腫は雑菌の繁殖が原因です。
麦粒腫は、マイボーム線と、まぶたの付け根部分にある脂腺に、黄色いブドウ球菌が繁殖して、炎症を起こします。
黄色いブドウ球菌は、繁殖すると化膿して炎症を引き起こす雑菌です。
健康な状態でしたら、人体で繁殖することはありません。 でも免疫力が低下している状態だと、マイボーム線などに入り込み、炎症を引き起こします。
かんちがいしやすいのですが、麦粒腫は感染症ではありません。
霰粒腫は質つまりが原因です。
霰粒腫ができる原因は、マイボーム腺が脂で塞がれることです。 マイボーム腺は、常に脂分を分泌しますが、もしその出口が脂が詰まる状態になりましたら、自然に脂が溜まってしまい、霰粒腫ができるわけです。
現時点ではなぜ脂が溜まって出口が塞がれてしまうのかははっきりした原因はわからない状態です。
顔を洗うときは目の周りの清潔を保てばある程度で霰粒腫が妨げると言われていますが、まで出ることがあります。
しかしその原因は雑菌ではないです。それは溜まった脂は無菌状態のためです。ただし、化膿性霰粒腫は、詰まったマイボーム線に、雑菌が繁殖することによりできたものです。しかし、霰粒腫と麦粒腫は同じ感染する物ではないです。