おぼれる救急方法4は、ものもらい溺れ者は早く意識を回復させることができる

が日常生活の中で,人々はよく聞きますが子供に溺れるのニュースでは、実は、人々を救って早めに溺れる者は上陸する場合、適切な救急措置をとらないともつながる溺れる者が亡くなった状況のため、溺れた救急方法を身につけ、危難時がある一つの命を救うかもしれない.

p>と<溺れは大量の水液に吸い込まれて肺内を窒息の困っ人体酸欠病症.夏季、水泳場、海辺、河川、湖、池などが発生しています.おぼれる者はチアノーゼ腫脹、眼球結膜充血、鼻口内には泡、泥などの雑物が満ちている.一部の人は、大量に水を飲んで胃に入り、腹部が膨張することができる.おぼれる者多数四肢冷や冷や、意識を失って,動悸、重症呼吸停止.

、クリア鼻や口に渋滯物―――溺れる者は頭を下に向け、指でクリアその口で雑物、更に手のひらに連打その肩から背中、気道確保を開通させ、舌は後ろをふさぐ息チャネル.

p>二、貫通<呼吸道の後、すぐに傾いて気道積水出―――救助者1足はひざまずいて、別の1足屈を溺れる者は腹這いに屈から太ももにさせ、頭足下垂;そして震え太ももや圧に溺れる者はバック、気道内に水がたまって傾いて;又は溺れる者は腹這いに救助者肩させ、頭足が垂れて、救助者が走り回るに傾注その気道内に水がたまり、注意千万せないように溺れる者は頭を抱えて朝に.

三、傾いて水の長い時間で、水を吐いた後すぐに人工呼吸を―――は仰向けに溺れる者は地の上で横たわって、その頭を仰いで後、1匹の手を握るその鼻口移し緩やかに吹きかける、注意溺れる者は胸が隆起や反落して,ものもらい、もし説明が開通、気道.できるだけ六度呼吸して、それから十二回、その回復正常呼吸を回復するまで.

4、心臓起搏―――もし溺れる者はわずかなときめき、両手で指( 10歳以下の溺れる者) あるいは一つの手のひらにポンプ溺れる者は胸の動作は一貫して迅速に、一秒一度.

p>に溺れるに<状況の人にとって、そのは溺れる者は助けに接岸した後、文の中に本の4種類の技を適切に、正しい方法をように溺れる者は早期の目覚めることによって、他人を助けることができる危難の機から死亡の威脇.

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *