「ごみ」食品は予防には、どのものもらい五種類があるのでしょうか?

の生活の中で、ごみの食品は実は人々に認められての栄養性食品、その持った滋養補給効果もも存在しない,尊重の養生の人にとっては、その普段も意図的に避けを多く食べてごみの食品で、実は、あるごみはごみの食品がんも防ぐことができる.

Pは、

は1、ナスの皮

は1、ナスの皮

たくさんの人はナスを食べて皮を落とすことが好きで、ナスは皮の中に提案して、それの価値は皮の中に、ナスの皮の中にB族ビタミン、B族ビタミン、ビタミンCの代謝を助けることを助けることを提案します.研究によると、ナスの皮がんの活性は最強、その効力に抗がん薬インターフェロンを超えています.

p2、ウロコ

P栄養学者発見、うろこが多いレシチン、多種不飽和脂肪酸、また多種の鉱物酸、ビタミン,ものもらい、リン酸含有量、特殊な健康食品
.脳細胞老化、高血圧及び心臓病を予防することができる人の記憶力を強めている.また、ウロコを食べても小児病の予防、老人の骨粗しょうと骨折.

さん、ミカンの筋

ある人はミカンを食べ、みかんを脱がして光、あなたは知っているか?ミカンの筋に含まれるというルチンのビタミン、人の血管の弾力性を維持する正常と密度が減って、血管の壁の脆性と浸透性を防ぐために、毛細血管の血のにじむように減少高血圧患者が脳卒中や糖尿病人が網膜出血.

4、豆腐のおから

食物繊維、カルシウムなどの栄養素を含有量が高く、微熱が、低脂肪、抗ガン、便通、脂肪を減らして、血糖降下、ダイエットの新しい原料、加法卵白、小麦粉、ネギのみじん切りと調味料を攪拌して後にお好み焼きを食べて,予防に血粘度が高くて、高血圧、動脈粥样硬化、冠状動脈疾患、脳卒中、癌などの発生も非常に有利.

p> <ご、菜根

香菜根、セロリ、大根根皮の中にもビタミンCや食物繊維、使用塩や酢、醤油、香料などで作られ、キムチは降血圧、コレステロールや便秘予防、結腸癌などの疾病の理想的な食品.

上から見て、菜根この生活にありふれたごみの食品、その内に含まれる食物繊維、ビタミンCは、人々を助けることができる防犯大腸癌の出現のため、おから、ミカンの筋、うろこと茄子の皮などの食品、人々は適量に食用後も、抗がん予防の果たすことができる効果.

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *